体の内側から元気になるプラセンタ

「アンチエイジング」や「若返り」の効果が期待され、女性に大人気のプラセンタ。
そのプラセンタですが、医療の現場で活躍し、健康促進に効果を発揮してくれることをご存知でしょうか?
プラセンタには、20種類の薬理作用が認められており、人間の体をサポートする効果・効能が期待されています。
どの薬理作用も、体の内側から健康にしてくれるものばかりです。
今回は、そんなプラセンタが持つ「体を内側から元気にしてくれる薬理作用」について、皆さんにご紹介させて頂きます。

肝臓の働きを助けてくれます

プラセンタが肝障害の治療に利用されていることをご存知でしょうか? 実は、プラセンタは肝障害の治療に用いられており、保険も適用される治療として活用されています。
プラセンタに含まれる「幹細胞増殖因子」によって、幹細胞の再生や修復を促すのです。
また、幹細胞の死滅を防ぐ効果も確認されています。
肝臓の機能を正常に保つことで、肝臓の持つ解毒作用が強化され、肝臓の疲労を和らげる効果も認められています。

免疫力を強化してくれます

体の外部から内部に侵入してくるウィルスや病原菌を撃退してくれる力、それが免疫力です。
免疫力が低下すると、ウィルスや病原体から体を守る力が弱まってしまい、それらの影響を受けやすくなってしまいます。
ウィルスや病原体の付け入る隙を与えてしまった結果、病気などにかかりやすくなってしまうのです。
プラセンタには、免疫力を強化するための成分が含まれており、弱った免疫力を回復させる効果が認められています。

アレルギーにも対抗してくれます

プラセンタは、免疫力を高めるだけではなく、免疫が過剰に反応してしまう「アレルギー反応」を抑える効果も認められています。
アレルギー症状とは、体外から侵入してきた物質に対して、免疫機能が過剰に反応して起こるものです。
アトピー性皮膚炎や花粉症、湿疹、肌荒れなど、多様な症状が発生します。
これらの過剰な免疫反応を抑止することで、アレルギー症状を緩和する効果が期待されているのです。

体内の炎症を和らげてくれます

「炎症」とは、体が何らかの刺激を受けることで「身を守ろう!」とする働きの事です。
刺激には、病原体や有害物質など、様々なものがあります。
風邪を引いた時に、喉が痛むのも、炎症が起こっているからです。
人間の体は、病原体や有害物質に対抗するために、炎症を起こして対抗しようとします。
炎症が起こるのは、体が正常に機能している証拠なのですが、過剰に炎症が起こるのは良くありません。
プラセンタは、その過剰な炎症を抑えてくれる効果が認められています。

自律神経を正常に保ってくれます

自分の意志とは関係なく体を制御してくれる神経、それが自律神経です。
自分の腕や足を動かすとき、私達は意識をして各部位を動かしていますが、心臓や肝臓などの臓器は、私達の医師とは関係なく動き続けています。
その心臓や、肝臓の動きを制御しているのが自律神経です。
眠っていても起きていても、自然に呼吸できているのは自律神経のおかげです。
自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、この2種類のバランスが崩れると体に不調をきたすと言われています。
その不調は、主に「自律神経失調症」と呼ばれ、気分が優れなかったり、頭痛や目眩、不眠症などの症状が現れます。
この2つの神経バランスを正常に保ってくれる効果を発揮してくれるのがプラセンタです。
自律神経失調症を発症している人がプラセンタを摂取すると、症状が緩和されたというケースが報告されています。

美容の源は健康から

プラセンタの美容効果は、使用した多くの人が実感し、その効果を認めるところです。
その美容効果は、プラセンタが持つ「人体への優れた健康効果」の賜物であるとも言えます。
心身ともに健康になければ、本当の美しさを手に入れるのは難しいのではないでしょうか。
毎日のプラセンタを続けて、心身ともに健康で美しくありたいですね。
プラセンタは豚や馬、植物由来のものなどいくつかの種類があります。それぞれの特徴について下記サイトで解説されているので、どの原材料が良いのか参考にしてください。
参考URL http://www.gv-ixff.org/era.html