高品質豚プラセンタの効果

医療用プラセンタとして、病院で利用されるヒトプラセンタ。
その他に、化粧品に豚プラセンタと馬プラセンタがあります。
中でも豚プラセンタは最もメジャーなプラセンタでしょう。
高品質な豚プラセンタは、美容プラセンタの代名詞として、多くの女性から支持を得ています。
今回は、そんな豚プラセンタに注目し、皆さんにその魅力をご紹介させて頂きます。

最も普及しているプラセンタ

プラセンタとは、哺乳類の「胎盤」を表します。
豚プラセンタとは、読んで字のごとく、豚の胎盤から抽出されたエキスを表します。
市販されているプラセンタで最も多いと言われるプラセンタなのですが、その理由は生産性にあります。
豚は、年に2回ほど出産を行います。
一度に出産する頭数も、10頭前後であるため、抽出できる胎盤エキスも多くなります。
人間や馬に比べて沢山抽出できますから、価格も低く抑えることが可能です。

勿論ですが、安価だからといって品質が悪いと言う事はありません。
成分が劣っているということもありません。
アミノ酸やタンパク質、核酸、成長因子といったプラセンタならではの成分が豊富に含まれています。
豚プラセンタは、効果・効能に優れた素晴らしいプラセンタです。

プラセンタの安心安全を確保するために

胎盤の成分には、その哺乳類の育ちや環境が大きく影響します。
妊娠中のお母さんが、食事を気にしながら生活する事と同じですね。
動物の場合も同じで、妊娠中の生活環境や食生活が、如実に影響を及ぼします。
特に豚は、育てられる過程で、健康を確保するために薬剤などを投与される場合が多いと言われています。
結果、胎盤に好ましくない成分が含まれやすくなります。

勿論、製品になる迄の過程で、それらは全て取り除かれているのですが、その除去の過程で有効成分の一部が失われてしまいます。
人体に悪い影響を及ぼす可能性を、完全に除去するためには、どうしても必要な工程ではありますが、可能な限り有効成分は残しておきたいものです。
しかし、安心・安全を確保するためには徹底した不純物の除去を実施しなければなりません。

最初から厳格に管理された豚

プラセンタの安心・安全を確保するための不純物除去。
不純物除去作業によって、徹底的に不純物を取り除くのですが、どうしても有効成分も一緒に抜けてしまう。
そうであるならば、最初から不純物の少ない胎盤にすれば良いのではないか? そのように考えて実施されているのが、プラセンタ用に飼育される、徹底管理された豚です。

「SPF豚」と呼ばれる豚は、胎盤に含まれる不純物を極限まで少なくするため、徹底した生活環境と食事の管理が行われる豚です。
SPF豚は、日本SPF豚協会によって、厳格に定められた基準を順守して育てられています。
その効果は絶大で、非常に不純物の少ない胎盤が作られることが実証されています。

さらに、不純物の除去作業が少なくて済むと言うことは、製造過程の処理も少ない工程で済みますから、生産効率も上がります。
実際に、SPF豚から抽出されたプラセンタの効果・効能の高さと安全性とが認められており、多くの女性から支持を得ています。

安心安全のプラセンタ

SPF豚プラセンタが特に注目されてはいますが、どのプラセンタ製品も基本的には「安心」と「安全」の為に厳しい基準をクリアしたものばかりです。
常に美容と健康の最前線で活用されているプラセンタ。
安心と安全が確保されているからこそ、安心して毎日のプラセンタを続けられるのです。