プラセンタ療法の近代史

プラセンタの高い効果・効能は、多くの研究者によって実現されています。
プラセンタの人気は上昇しており、健康食品だけではなく美容商品のラインナップも豊富で、どれを選んで良いのか迷ってしまうほどです。
そのプラセンタの本格的な研究が始まったのは、それほど昔ではないことをご存知でしょうか?
古来から、健康や美容に効果があると伝えら得てきたプラセンタですが、きちんと研究が始められたのは近代になってからなのです。
今回は、そんなプラセンタの近代史から、その人気について紐解いて行きましょう。

始まりは1930年台のソ連

現代のプラセンタ療法の基礎は、1930年台のソ連から始まります。
旧ソ連のフィラート博士が、「組織療法」にプラセンタを使用したことがきっかけであると言われています。
組織療法とは、病気の幹部の中に、冷凍保存しておいた別の組織を埋め込む治療方法です。

フィラート博士の組織療法は日本に伝えられ、1950年には組織療法を研究していた医師たちによって「組織療法研究所」が設立されます。
そこでは、プラセンタエキスの注射液開発が勧められており、同年に「メルスモン製薬株式会社」として発展します。
当時の厚生省(現在の厚生労働省)から、薬品の認可を得ることに成功し、更年期障害や乳汁分泌不全の注射薬として有名な「メルスモン」の製造販売を開始します。

日本で加速するプラセンタ療法

メルスモンの研究開発が進む中、全く別の方法で「組織療法」を研究した日本人がいます。
その日本人の名は「稗田憲太郎」博士。
稗田博士は、第二次世界大戦終了後に中国にとどまったのですが、そこでフィーラト不博士の組織療法を知ります。
中国から帰国した稗田博士は、久留米大学の教授として教鞭をとりながら、プラセンタの利用に関する研究に没頭します。
その結果、1959年に肝機能改善のプラセンタ注射薬「ラエンネック」が開発されました。
ラエンネックは、1967年に「肝硬変適応症」として薬価基準に収載されて、現在に至ります。
現在では、ラエンネックの適応症は「慢性肝疾患における肝機能の改善」となっています。

戦中戦後のプラセンタ

稗田博士と並び、パイオニアとして有名な人物がいます。
京都大学医学部の「三林隆吉」教授です。
戦中戦後、三林教授は、当時の食料自給問題を解決するためにプラセンタの研究に着手しました。
食糧事情悪化に伴い、文部省から「未来を担う乳幼児と母体の健康を維持するために研究が必要である」と呼びかけられたのがきっかけです。
三林教授は、胎盤の研究に没頭し、ビタエックス薬品工業を設立します。
現在は、「森田薬品工業株式会社」が、ビタエックス薬品工業からその事業を引き継いでいます。

更年期障害の解消研究にも利用されていたプラセンタ

秋田大学の初代学長「九嶋勝司」博士も有名な研究者です。
九嶋博士は更年期障害を対象にした、プラセンタの組織療法を研究していました。
九嶋博士の研究は、乾医院の医師団に引き継がれ、1960年頃に明壁義蔵氏が医師団の研究にに加わります。
その結果、1977年に株式会社スノーデンが設立され、現在も精力的に研究開発が続けられています。

多くの人の努力の結晶

いかがでしたでしょうか。
プラセンタの組織療法から始まったプラセンタの研究をご紹介させていただきましたが、多くの人が戦中戦後の食糧難や健康維持のために奮闘していたことをご理解頂けたのではないかと思います。
現在の多くのプラセンタ商品や、医療現場で利用される薬品などは、そういった先人たちの熱い思いの結晶です。
多くの効果・効能が解明されているプラセンタですが、まだまだ研究は続けられています。
今後、驚くような新事実が発見されるかもしれませんね。