プラセンタで下痢になる?

美容効果に優れるプラセンタ。
実際に効果・効能を実感している方が多いということもあり、美容・健康製品としての確固たる地位を築いています。
そんなプラセンタですが、「下痢になることがある」と言われています。
副作用がないと言われていたプラセンタですが、一体どういうことなのでしょうか?
結論から書きますと、下痢になることはありますが、それは副作用などではなく、飲む人の体質によってあり得ることなのです。
今回は、プラセンタと下痢の関係について、皆さんにご紹介させて頂きます。

下痢になる理由

プラセンタを飲んで下痢になる理由は、プラセンタ自体の薬理作用による可能性が高いと考えられています。
つまり、下痢は副作用ではなく、そもそもプラセンタが持っている効果・効能の影響によるものなのです。

主には、プラセンタの「自律神経調整効果」によるものと考えられています。
胃や腸の働き・運動は、自律神経と密接に関係しています。
憂鬱な時や精神的に気分が優れない時、食欲が無くなったり、お腹がゴロゴロ鳴ったりした経験はないでしょうか。
それは自律神経(交感神経と副交感神経)の状態により、胃腸に影響が出た結果です。

プラセンタの整腸効果

プラセンタには、自律神経の調整効果が認められており、交感神経と副交感神経のパワーバランスを均等に保つ働きを見せてくれます。
そう考えますと、プラセンタによって下痢の症状が回復するように思えますよね。
しかし、下痢の症状は「自律神経のバランスが動くときにも現れる」とも考えられているのです。
つまり、プラセンタによって自律神経のバランスが回復することにより、腸が刺激されお腹がゆるくなると言う事です。

これは副作用という話ではなく、飲む量を減らすことで回復することが多いので、試してみましょう。
の無料を減らしても下痢が収まらない場合は、何か他の原因も考えられますので、お医者さんに相談しましょう。

整腸作用を促してくれるプラセンタ

すでに説明させて頂きましたが、プラセンタには自律神経の調整を行う効果・効能があります。
さらに、プラセンタ製品の多くは、サプリメントや液体ですから、胃腸に負担になることも考えられません。
そして、女性特有の整理によるホルモンバランスの崩れに対する調整にも、効果を発揮すると言われています。
プラセンタは、自律神経の調整を通じて、胃腸や精神状態を安定する方向に導いてくれます。

美容効果に優れるプラセンタですが、胃腸に対する回復効果や調整効果も優れていることを、御理解していただけたかと思います。
重ねてになりますが、プラセンタを飲んで下痢になるなど、調子が悪くなったと感じたら、お医者さんに相談するようにしましょう。