プラセンタで便秘解消

女性の多くが悩んでいる「便秘」。
女性の3人に1人は便秘と言われるほど、多くの人が苦しめられている症状です。
その便秘に、プラセンタが緩和の効果を発揮してくれる事をご存知でしょうか?
プラセンタは、胃腸に密接に関係する自律神経の調子を整える薬理作用が認められており、便秘に悩む多くの女性の副音になる可能性を秘めています。
今回はそんなプラセンタの、便秘解消効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

プラセンタによる排便反射機能の向上

女性の悩みといえば「便秘」と言われるほど、男性よりも女性の問題として取り上げられる症状ですが、それには理由があると考えられています。
骨盤や腸の位置など、人間の体の構造が男性と女性では異なっており、その違いが、腹筋や背筋、横隔膜の筋力の差として現れるからと言われています。
また、女性といえば「ダイエット」と言っても過言ではないほど、男性よりも女性のほうがダイエットに勤しんでいる傾向があり、便秘の症状に拍車をかけているとも言われています。

そんな便秘の症状に対して、プラセンタは「排便反射機能」を向上させる効果があります。
人間の腸は、「自律神経」と呼ばれる神経と密接に関係しており、自律神経の働きによって排便反射機能の動きが良くも悪くもなってしまうのです。
腸の蠕動運動や排便反射機能の働きを活発にするには、自律神経が正常に動作しなければなりません。
具体的には、交感神経と副交感神経がバランスよく作用する関係になければなりません。
そこで、プラセンタです。
プラセンタは、その自律神経を正常に保つ効果が認められており、自律神経を正常にすることで連鎖的に胃腸の働きも正常に導く効果が期待されています。
プラセンタは、便秘薬のように体に負担を欠けることもありません。
実際に、便秘が解消されたと感じる人も多く、今日のプラセンタ人気に拍車をかけています。

便秘だけじゃない!下痢にも効果を発揮

排便反射機能の向上によって、便秘の解消に役立つプラセンタですが、逆に下痢の症状にも効果を発揮してくれると期待されています。
その根拠は、下痢の症状も自律神経のバランスが崩れる事が原因の一つであるからです。
便秘の症状改善とと同じように、自律神経のバランスを正常に戻す働きによって、下痢の症状が改善されるというメカニズムです。

体への負担もプラセンタのほうが安心です。
便秘薬と同様に、下痢止めも体に負担をかけてしまいます。
下痢止めの飲み過ぎは、逆に便秘になってしまうほどです。
それに対してプラセンタは、胃腸に負担を欠けること無く吸収される特徴があり、体に優しく働きかけてくれるのです。

プラセンタで胃腸の調子を整えよう!

いかがでしたでしょうか?
プラセンタが、便秘解消に効果を発揮してくれることを、知っていただけたかと思います。
さらに、下痢にも効果を発揮してくれるプラセンタです。
プラセンタを定期的に摂取すれば、常にお腹の調子を健康に保てそうですね。
さぁ、皆さんも毎日のプラセンタを始めてみてはいかがでしょうか。