プラセンタで冷え性改善

女性に大人気のプラセンタ。
その理由の一つが、女性の天敵「冷え性」に効果を発揮してくれるからと言われています。
「冷え性」は多くの女性にとっての悩みの種です。
あるデータによれば、女性の2人に1人が冷え性で悩んでいるとも。
そんな冷え性にプラセンタが効果を発揮してくれます。
今回は、プラセンタの冷え性に対する効果・効能について、皆さんにご紹介させて頂きます。

冷え性に対するプラセンタの働き

プラセンタの効果・効能は美容だけではありません。
冷え性にも沢山の効果・効能を発揮してくれます。
以下にいくつかの例を上げてみます。

  • 自律神経調節作用、ホルモンバランス調節作用
  • 血行促進作用、造血促進作用
  • 免疫力強化、抵抗力強化作用
  • 基礎代謝向上作用

冷え性の原因は、体内の血液循環がうまく行っていない時に現れます。
つまり、血行促進作用や基礎代謝向上作用が強化されれば、冷え性の症状を緩和することができるのです。
さらに、自律神経調節作用、ホルモンバランス調節作用によって、胃腸の働きを活発にして体温を上昇させ、ダイエットによる体温低下を防ぎます。
また、免疫力の強化により、冷えを促進させるような病気を防ぐことができます。

女性特有の症状が多い理由

女性に冷え性が多い理由は、肉体的な特徴によるものです。
具体的には、筋肉量が少なく脂肪が多い身体だからと言われています。
身体の中でエネルギーを生み出している場所は、筋肉です。
筋肉を動かすことで血流が産まれ、その血流によって酸素とビタミンが運ばれ、酵素の力によってそれらが燃焼し、エネルギーが生み出されます。
女性は男性に比べ、どうしても筋肉量が劣り、脂肪量が多くなります。
男性に比べて、圧倒的に体内で生み出されるエネルギー量が少ないのです。
また、脂肪分は急激な温度変化を妨げます。
温度変化に強いと言うことは、一度冷えてしまったら温まり難くなってしまうと言うことです。
従って、脂肪量の多い下半身は特に温まり難く、筋肉によるエネルギー燃焼も少なくなってしまいます。
つまり、自然的に「痩せにくい状態」になっていると言えるのです。

自律神経やホルモンバランスも関係

冷え性に、女性特有の症状が多いのも、理由があります。
生理時、妊娠時、更年期時には、ホルモンバランスや自律神経が乱れやすくなっているからです。
特に、体温調整には自律神経のバランスが大きく影響します。
自律神経(交感神経と副交感神経)の双方のバランスが同じくらいであれば、体温調節やホルモンの分泌が問題なく機能します。
しかし、自律神経のバランスが崩れてしまうと、連鎖的にホルモンバランスも崩れてしまい、急激に不安定な状態になります。

プラセンタで冷え性対策を

「冷え性」を解消するために、プラセンタが有効であることを理解していただけたかと思います。
さまざま紹介させて頂きましたが、プラセンタは、冷え性を直接治療する特効薬ではありません。
プラセンタは、身体のバランスを調整する事で、まるで副産物のように健康をポロポロとプレゼントしてくれます。
「ポロポロ」と表現したのは、決して即効性のある薬のような物ではないからです。

プラセンタにより、血流や代謝が正常に機能することで、様々な効果・効能が機能しています。
つまり、毎日続けることで、健康を維持するための土台が出来上がると考えられます。
冷え性解消は、1日にしてならず。
毎日のプラセンタで代謝を促進し、冷え性に強い体を手に入れましょう。

参考URL:冷え性改善にプラセンタが効果?
http://www.dukeswesthollywood.com/39.html